SDGsへの対応

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

Zホールディングスグループが考えるSDGs

Zホールディングスグループは、「UPDATE THE WORLD 情報技術のチカラで、すべての人に無限の可能性を。」をミッションに掲げています。このミッションには、ITによる社会課題解決により、人々の生活をより便利に、より豊かに、そして誰もが活躍でき挑戦できる社会に、という願いが込められております。私たちの目指す社会の実現はまさに、SDGsがターゲットとする多くの社会課題を解決していくことに他なりません。マテリアリティとして整理した領域を中心に本業であるIT・インターネットの強みを発揮しながら社会や人々の課題を解決し、SDGsが掲げる持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

Zホールディングスグループの重点課題とSDGsの関係性

当社のマテリアリティを整理しながら、会社として注力すべき領域を「4つのUPDATE」として定義しております。合わせて会社の強みを生かしてSDGsのどの領域に貢献できるかを検討し、「5.ジェンダー平等を実現しよう」「8.働きがいも経済成長も」「9.産業と技術革新の基盤を作ろう」「11.住み続けられるまちづくりを」「12.つくる責任つかう責任」「13.気候変動に具体的な対策を」「17.パートナーシップで目標を達成しよう」の7つをターゲットとして選定しました。

"当社のCSRの全体イメージ・マテリアリティと4つのUPDATEの関わり図。各領域について、リスク低減と価値創造の両面から取り組みを整理し、どのようにステークホルダーの皆さまへ価値をお届けしているかを示しています。1のリスク低減には「データセキュリティ、ネットワークの信頼性」、「事故の最小化」価値創造には「eコマースで生活を便利・快適に」「Fintech社会の牽引」「マルチビッグデータをいかした社会への貢献」。2のリスク低減には「防災・減災への取り組み」価値創造には「地域・社会課題の解決支援」「災害復興支援への取り組み」。3のリスク低減には「アクセシビリティの推進」価値創造には「ダイバーシティの推進」「新しい働き方の実現」「人財開発・育成」。4のリスク低減には「気候変動への対応」「持続可能な調達と廃棄」、価値創造には「リユース事業の拡大」「ITメディア力を活用した啓発活動」。これらを実現することで、UPDATE THE WORLDへつなげていきます。

「4つのUPDATE」とSDGsへの貢献

#01
情報技術社会の発展

産業と技術革新の基礎をつくろう

#02
災害・社会課題への支援

住み続けられるまちづくりを

パートナーシップで目標を達成しよう

#03
誰もが活躍できる
社会の実現

ジェンダー平等を実現しよう

働きがいも経済成長も

#04
持続可能な社会への挑戦

つくる責任つかう責任

気候変動に具体的な対策を

SDGsへの貢献

Zホールディングスグループは、「UPDATE THE WORLD 情報技術のチカラで、すべての人に無限の可能性を。」をミッションに掲げています。このミッションには、ITによる社会課題解決により、人々の生活をより便利に、より豊かに、そして誰もが活躍でき挑戦できる社会に、という願いが込められております。私たちの目指す社会の実現はまさに、SDGsがターゲットとする多くの社会課題を解決していくことに他なりません。マテリアリティとして整理した領域を中心に本業であるIT・インターネットの強みを発揮しながら社会や人々の課題を解決し、SDGsが掲げる持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

5 ジェンダー平等を実現しよう - SDGs

従業員の多様性を支援し、様々なライフステージに合った働き方を

当社では、育児、介護、キャリアの見直しなど様々なライフステージにあった働き方ができるような制度を設けています。働く女性従業員をサポートするプロジェクトや育児と仕事の両立をサポートするプロジェクトなど継続して実施するほか、従業員の多様性を支援する制度などを設け、従業員が最大限のパフォーマンスを発揮してイキイキと働いていける社会を目指します。

8 働きがいも経済成長も - SDGs

従業員が最大限のパフォーマンスを発揮していける社会を

当社ではどのような立場の人であっても尊重され尊厳が保たれ、それぞれの人が最大限のパフォーマンスを発揮していける社会を目指しています。経営層が従業員の意見・質問に答える意見交換会の実施やパラアスリートを支援するための勤務制度など様々な施策を行っています。

9 産業と技術革新の基盤をつくろう - SDGs

安心・安全なサービスを提供するために、情報セキュリティとネットワークの信頼性を

SDGsの達成にIT・インターネットインフラの拡大と安定的な提供は欠かせません。情報セキュリティ、データプライバシーが完全に守られた上に、安定的なサービスや社会が構築されて行きます。私たちは安心安全なサービスの提供を心がけるとともに、情報セキュリティ技術の提供やルールの整備、ITリテラシー教室などの活動を通して、多くの人に質の高いサービスを使っていただける社会の基盤を構築して参ります。

11 住み続けられる まちづくりを - SDGs

情報技術社会で防災減災から災害時にタイムリーな情報を伝えることを使命に

情報技術社会をリードしていく企業として、今後ますます激甚化・頻発化していくことが予想される様々な気象災害に対し、情報提供活動を通して防災減災に努め、被害の拡大抑制に貢献していくことは使命であると考えます。
正確でタイムリーな災害情報を住民の方に伝えることを目指し、各自治体との協定締結を進めております。

12 つくる責任つかう責任 - SDGs

再生/再利用を行っていくことで事業と社会の持続可能性を

社会課題を解決していくための事業からの排出が、社会のバランスをゆがめるものであってはならないと私たちは考えております。CO2を始めとしたエネルギー消費からの排出、様々な資源の消費に伴う廃棄物の排出を適切に管理し、再生/再利用を行っていくことで事業と社会の持続可能性を高めて参ります。

13 気候変動に具体的な対策を- SDGs

気候変動の「適応」「緩和」への取り組みをし、持続可能な社会へ繋げる

人類社会に現在最も大きな影響を及ぼすものと考えられているものの1つが気候変動です。大規模化頻発化していく気象災害への対策として、情報提供の側面でインターネットメディアが果たしていくべき役割は特に重要であると認識しております。気候の安定はひいては社会の安定につながり、SDGsの掲げる持続可能な社会に繋がって行きます。当社は気候変動によるリスク/機会の分析を行い、「適応」と「緩和」両方の側面から積極的に取り組みを実施して参ります。

17 パートナーシップで目標を達成しよう - SDGs

NPOや企業とパートナーシップを強化し災害支援や社会課題の解決を

インターネットプラットフォーマーである特性を最大限活用し、外部の専門機関と連携し、災害支援や社会課題の解決を積極的に進めてまいります。災害復興、貧困、環境問題といった様々な社会問題を解決するためのプロジェクトの寄付を募るほか、災害時には、被災地への支援を迅速にできるよう、NPOや企業とパートナーシップを強化し災害支援を行っています。

Zホールディングスグループ各社の取り組み

アスクル

アスクルは、2015年に、「国連持続可能な開発サミット」で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の達成に向けた取り組みを進めてまいります。

ZOZO

ZOZOでは、「サステナビリティステートメント」と「4つの重点取り組み」を制定しています。
4つの重点取り組みに合わせてSDGsのどの領域に貢献できるかを検討し、ターゲットを選定しています。

SDGs for Schoolへの協賛

SDGsの認知普及および推進支援活動として、SDGs for Schoolを応援(協賛)しております。