SDGsへの対応

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

Zホールディングスグループの重点課題とSDGsへの取り組み

Zホールディングスグループは、「UPDATE THE WORLD 情報技術のチカラで、すべての人に無限の可能性を。」をミッションに掲げています。このミッションには、ITによる社会課題解決により、人々の生活をより便利に、より豊かに、そして誰もが活躍でき挑戦できる社会に、という願いが込められています。私たちの目指す社会の実現はまさに、SDGsがターゲットとする多くの社会課題を解決していくことに他なりません。
当社が掲げる重点課題(マテリアリティ)として整理した領域を中心に、本業であるIT・インターネットの強みを発揮しながら、SDGsが掲げる持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

Zホールディングスグループの重点課題とSDGsへの貢献

重点課題とSDGsの対応関係

重点課題とSDGsへの具体的な取り組み

データ/AIを活用した新たな体験(WOW/!)の提供

データ/AIを活用して人々や社会の課題を情報技術で解決していくことが、Zホールディングスグループの使命です。データの力、AIによる利便性を誰もが当たり前に享受できる社会を目指し、さまざまなビジネスに革新をもたらす情報基盤とサービスを提供し続け、技術革新の拡大に貢献していきます。
関連するSDGs

安心・安全なデジタルプラットフォームの運営

SDGsの達成にIT・インターネットインフラの拡大と安定的な提供は欠かせません。情報セキュリティ、データプライバシーが完全に守られた上に、安定的なサービスや社会が構築されていきます。私たちは通信の秘密・情報セキュリティを確保・強化しながら、中長期的な視点で、信頼できる強靭なインフラとして、安心・安全なITサービスを提供し続けていきます。
関連するSDGs

しなやかで強靭な社会基盤の構築

私たちは、防災・減災・パンデミック対応をはじめ、自治体DX、医療DX、オンライン教育、リユースによる循環型社会の実現など、デジタル駆動によるしなやかで強靭な(レジリエント)社会基盤の構築に向けて、すべての人々にデジタル技術による恩恵が行き渡ることを目指し「誰一人取り残さない」という決意のもと、事業および支援活動を続けていきます。
関連するSDGs

人財の強化

私たちは、従業員ひとりひとりの人権を尊重し、適正な労働慣行を遵守しています。また、ダイバーシティ&インクルージョンの推進を通じて、ジェンダーや国籍などにかかわらず従業員が最大限のパフォーマンスを発揮できる働きがいがある環境をつくることで、ウェルビーイングの向上を目指します。
関連するSDGs

未来世代に向けた地球環境への責任

私たちは、環境負荷低減や生態系に配慮することは、未来世代への重要な責任と考えます。持続可能な社会を実現するべく、ITのチカラを活用し、グループ及びサプライチェーンと共に電力の再エネ化など脱炭素社会の実現をめざしていきます。また、これら自然資本への配慮を、社会の幅広いステークホルダーの皆様と連携を深める事業機会としても捉え、チャレンジし続けていきます。
関連するSDGs

グループガバナンスの強化

日本最大規模のITサービス会社である私たちにとって、グループガバナンスの強化は、最重要課題の一つです。あらゆる不正・暴力・搾取・差別等を否定し、社会的規範に則り持続可能な社会の構築に向けて透明性の高い事業活動を進めてまいります。
関連するSDGs

Zホールディングスグループ各社の取り組み

ヤフー

ヤフーは、SDGsの認知普及および推進支援活動として、SDGs for Schoolを応援(協賛)しているほか、SDGsをテーマにさまざまな社会課題や取り組みに関する情報を伝えるメディア「Yahoo! JAPAN SDGs 」を公開するなど、さまざまな取り組みを行っています。詳細は、関連リンクをご覧ください。

アスクル

アスクルは、2015年に、「国連持続可能な開発サミット」で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の達成に向けた取り組みを進めてまいります。

ZOZO

ZOZOでは、「サステナビリティステートメント」と「4つの重点取り組み」を制定しています。
4つの重点取り組みに合わせてSDGsのどの領域に貢献できるかを検討し、ターゲットを選定しています。