サービスを通じた社会との連携

Zホールディングスグループは、気候変動にともなって激甚化・頻発化していく自然災害に対し、自治体や関係団体と連携をしながら自社サービスを通じて防災・減災に努め、災害後の復興支援にも力を入れて取り組みます。また、持続可能な社会の実現に向け、循環型サービスを拡充しています。

気候変動にともなう自然災害に対しての自治体との連携

Zホールディングスグループでは、気候変動にともなう自然災害などに対して、自治体と連携していきます。

ヤフー

災害協定

災害時にタイムリーな災害情報を、住民の方に伝えることを目指し、各自治体との協定締結を進めています。締結自治体には、運営するウェブサイトのキャッシュサイトを用意。ヤフーのサーバー上に表示させることで、自治体のサーバーにアクセスが集中することを回避でき、災害情報の継続的発信に貢献しています。注意喚起や、災害時の避難所の開設情報など、自治体が伝えたい緊急情報を、「防災速報」アプリを通して直接配信する機能も提供しています。また、避難場所などを地図に掲載することで、通常時の防災意識の高まりにも寄与しています。

Yahoo! JAPANトップページやアプリでの災害情報発信

激甚化する災害に際して、被災者を一人でも減らすために、「Yahoo! JAPANトップページ」とスマートフォン向けの「Yahoo! JAPAN」「Yahoo!防災速報」「Yahoo!天気・災害」各アプリでは、地震や津波、大雨に関する情報を表示しています。とくに「Yahoo!防災速報」アプリでは、緊急地震速報や津波情報、大雨危険度、豪雨予報、土砂災害、河川洪水、熱中症情報、火山情報、国民保護情報などあらゆる災害の情報をプッシュ通知でいち早くお届けしています。パソコンや携帯電話へメールで通知することも可能です。また、ユーザー同士で現在地における災害やライフラインの状況を共有することで、迅速な避難行動につなげられる機能「災害マップ」も提供しています。
「Yahoo!天気・災害」では、河川の「注意」「警戒」などの情報や、10分ごとの観測所の水位の変化を地図上に分かりやすく表示することで、自主避難を早期に判断できる「河川水位情報」を提供しています。また、ゲリラ豪雨などに役立つ機能として、リアルタイムに雨雲の動きを知らせる「雨雲レーダー」なども提供しています。

Yahoo!ネット募金

Yahoo!ネット募金は、2004年の新潟県中越地震をきっかけにスタートしたオンライン寄付プラットフォームです。国内外の大規模災害の被災地支援、難民支援、子どもの貧困問題、海や森、希少生物の保全活動などさまざまな社会課題に取り組んでいる団体に対して継続的な支援を促すプラットフォームの提供を行っています。

アスクル

自治体との災害時協定

アスクルは、2017 年の物流センター火災の後、物流センターの万全な防災体制の整備に加え、地域における物流センターの在り方を再検討し、“地元の皆様に、安全・安心な物流センターとして信頼いただき、地域に対して貢献していきたい”という想いを新たにし、各物流拠点における自治体との災害時協定を順次、締結してきました。アスクルの物流センターは、日用品や食糧などの生活必需品を潤沢に在庫し、また、大量の商品を迅速かつ効率的に提供することができる物流機能も有しています。災害発生時においては行政の要請に応じ、飲料水、トイレットペーパー等の日用品や避難所等向け事務用品等の支援物資をすみやかに提供し、地域の皆様のライフラインの役割を果たしていきます。アスクルは、これからも物流センターの地域貢献に努め、地域との共生を積極的に図ってまいります。

防災・減災サービス、環境課題への取り組みなどを通じた社会と連携

Zホールディングスグループでは、それぞれのサービスの強みを生かした取り組みを実施し社会と連携していきます。

ヤフー

SEMA(シーマ)

緊急災害対応アライアンス「SEMA」は、民間企業と市民団体(CSO)が連携し、日本国内において災害支援を行うための仕組みです。SEMAは、平時から加盟各社が持つ物資・サービスなどをリストとして集約。大規模な自然災害の発生時には、このリストをもとに必要な物資・サービスを迅速に提供します。ヤフーはその1企業として参加し事務局を担当しています。
また、ソフトバンク株式会社やZホールディンググループのアスクル株式会社、株式会社ZOZOもSEMAに加盟しています。

LINE

防災・減災の取り組み

LINEは、2011年3月の東日本大震災の発生時に、多くの方の安否確認の電話やメールが届かなかった経験をきっかけに開発されました。災害等の緊急時に、安否確認などのためにLINEを活用いただけるよう、使い方を紹介したリーフレットを無償で提供しているほか、発災前から発災時、さらに復興期まで一気通貫で、被災者と災害対応を担う行政の双方をサポートできる仕組みづくりを行っています。

アスクル

備えない防災のススメ いつものオフィスが非常時にも活躍する。これからの新スタイル、フェーズフリー・オフィス

コストをかけられない、保管スペースがないなど、とても難しいオフィスの防災。いつも使用しているオフィス用品が、非常時でも役に立って、みんなの安全を守る。それが、アスクルが提案するフェーズフリー・オフィス。コストも削減できて、省スペースにもなって、安心を高めるフェーズフリーの「備えない防災」が明日のオフィスを変えていきます。

持続可能な社会の実現に向けた循環型サービスの拡充

Zホールディングスグループでは、持続可能な社会の実現に向けて、ITやウェブサービスを活用した課題解決への取り組みを進めています。

ヤフー

循環型サービスの提供

低炭素商品、サービスへの取り組みとして、ヤフーはリサイクル消費による循環型社会の実現に向けeコマースのリユース事業において「ヤフオク!」「PayPayフリマ」を提供しています。物品が再利用されることによって、新たな資源が消費されることを抑制し、物品の製造に関わるCO2排出をなくし、また、廃棄物の排出も抑制されます。それぞれのプラットフォームでは、チャリティ企画、社会貢献にも力を入れています。

ヤフオク!

インターネット上で個人間のモノの売買を可能にした「ヤフオク!」は、1999年9月にサービスを開始した日本最大級のネットオークション・フリマアプリです。使わなくなったものを必要としている人に譲り再利用する「リユース」の推進を通じて、循環型社会形成の一助となるよう取り組んでいます。

PayPayフリマ

個人が固定価格で手軽に取引できる「PayPayフリマ」は、2019年10月にサービスを開始したフリマに特化したアプリです。オークション取引ができる「ヤフオク!」とも連携し、サステナブルな二次流通事業をさらに成長させるよう取り組んでいます。

エールマーケット

エールマーケットは、東日本大震災後の2011年12月に「復興デパートメント」としてスタート。現在は「買いものはエール(応援)」というコンセプトのもと、人・社会・地域・環境にやさしいエシカルかつこだわりのある商品を取り扱うお買い物メディアとして展開しています。

アスクル

アスクルでは、商品を選択する際に役に立つ、環境に配慮した環境視点でオリジナル商品の環境対応を行っています。また、サプライチェーンを資源循環型プラットフォームとして進化させ、廃棄物の削減、限りある資源の有効活用に努めます。

アスクルオリジナル商品の環境対応

アスクルのオリジナル商品は、「低炭素商品である」、「電気の節約ができる」、「ゴミを減らすことができる」、「分別しやすい」などを含む8つの環境視点のうちのいずれかに対応しています。

「エコ・ファースト制度」の認定

アスクルは、2018年8月7日、環境省が推進する「エコ・ファースト制度」において、「エコ・ファースト企業」としての認定を取得しました。環境大臣に提出した4つの約束を実現するために環境への取り組みを推進していきます。

アスクルカタログが紙袋になってCome bag(カムバッグ)

アスクルは、創業以来、毎年カタログを制作してお客様にお届けしています。役目を終えた古いカタログも回収し、古紙回収業者に買い取ってもらい、廃棄するのではなく資源として活用してもらっていました。しかし、「その先」についても責任を持とう、原材料に戻し再び商品にできないかと考えました。そこで国外に持ち出さず、国内で資源として循環させ、商品としてまたお客様に選んでいただけるよう挑戦してみようと思い、できた商品がCome bag(カムバッグ)です。

ZOZO

洋服の下取りサービス「買い替え割」でオリジナルの買取キット「リユースバッグ」を使用

2016年11月のサービス開始時より、不要になった洋服を簡単に発送できるように、オリジナルの買取キット「リユースバッグ」を使用しています。ダンボールやガムテープなどの梱包資材を使用せずに発送ができるように不織布製ファスナー付きバッグになっています。クリーニングすることで再利用が可能のため、現在ではリユースバッグの約94%を再利用できています。お客様の利便性向上とともに、限られた資源利用効率を高めることで資源消費を抑えられています。