災害支援実績 寄付・協賛の実績

Zホールディングスグループは避難情報や緊急地震速報といった災害情報の発信、復興支援に力を入れています。また、情報技術社会の発展や社会課題解決に向けた取り組みなどに対して寄付や協賛を実施しています。

災害時の支援活動・実績

2019年度

令和元年台風第19号
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!ニュースでは、被災した方や支援者への情報をまとめた特設ページを公開しました。ヤフー
Yahoo!基金より、義援金として社会福祉法人中央共同募金会へ2,000,000円寄付しました。また、皆様からのご寄付とYahoo! JAPANからのマッチング寄付3,000万円の総額、215,749,783円を寄付しました。
社会福祉法人中央共同募金会(義援金):157,749,783円
現地で活動する団体(支援金):58,000,000円

災害復興みらい募金から、被災地や被災者の復興支援活動を行っている団体に12,000,000円寄付しました。
令和元年台風第19号による災害に対する義援金寄付のご報告
令和元年台風第19号による災害支援募金寄付のご報告
令和元年台風第19号による災害支援募金寄付のご報告
令和元年台風第19号災害支援団体への寄付のご報告
Yahoo!基金
Yahoo!ネット募金では令和元年台風19号支援プロジェクトページを18件公開しました。
寄付総額:207,917,998 円 寄付件数:235,365 件(集計期間:2019年10月13日~2020年3月31日)
ヤフー
ヤフー株式会社、アスクル株式会社は、緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」の要請に対し支援を実施しました。
▼ヤフー
SEMA事務局機能
▼アスクル
防塵(ぼうじん)マスク:2,000枚
令和元年台風第19号に対する支援を実施しました。ヤフー
アスクル
「復興支援缶バッジ presented by ZOZO CHAMPIONSHIP」の売上金を含む、大会を通じたチャリティー活動による総額27,392,603円を日本赤十字社に寄付しました。「復興支援缶バッジ presents ZOZO CHAMPIONSHIP」で支援の輪を広げようZOZO
令和元年台風第15号
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!ニュースでは、被災した方や支援者への情報をまとめた特設ページを公開しました。ヤフー
Yahoo!基金より、義援金として1,000,000円を千葉県災害対策本部へ寄付しました。また、皆様からのご寄付とYahoo! JAPANからのマッチング寄付500万円の総額、28,146,669円を義援金として、千葉県災害対策本部へ寄付しました。 令和元年台風第15号被害に伴う千葉県に対する義援金寄付のご報告
令和元年台風第15号による千葉県災害支援募金寄付のご報告
Yahoo!基金
Yahoo!ネット募金では令和元年台風15号支援プロジェクトページを5件公開しました。
寄付総額:38,645,736 円 寄付件数:52,064 件(集計期間:2019年9月11日~2020年3月12日)
ヤフー
ヤフー株式会社は、緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」の要請に対し支援を実施しました。
▼ヤフー
SEMA事務局機能
令和元年台風第15号に対する支援を実施しました。ヤフー
株式会社ZOZOでは、2019年台風15号で大きな被害を受けた千葉県を支援するため、9月15日から9月20日までにZOZOTOWNでご購入いただいた売上の1%と、「Let's Start Today」Tシャツの売上金額のすべてを千葉県へ寄付する「千葉災害支援プロジェクト」を立ち上げました。
支援金総額:70,540,561円
千葉災害支援プロジェクトZOZO
令和元年8月の前線に伴う大雨
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!ニュースでは、被災した方や支援者への情報をまとめた特設ページを公開しました。ヤフー
Yahoo!基金より、義援金として1,000,000円を佐賀共同募金会へ寄付しました。また、皆様からのご寄付とYahoo! JAPANからのマッチング寄付500万円の総額、13,475,750円を以下へ寄付しました。
社会福祉法人中央共同募金会 災害ボラサポ「令和元年8月の前線に伴う大雨災害」:3,000,000円
佐賀県共同募金会(義援金):10,475,750円
令和元年8月の前線に伴う大雨による災害に対する義援金寄付のご報告
令和元年8月の前線に伴う大雨による災害支援募金寄付のご報告
令和元年8月の前線に伴う大雨による災害支援募金寄付のご報告
Yahoo!基金
Yahoo!ネット募金では令和元年8月の前線に伴う大雨支援プロジェクトページを9件公開しました。
寄付総額:11,366,120 円 寄付件数:30,427 件(集計期間:2019年8月29日~2020年3月31日)
ヤフー
ヤフー株式会社は、緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」の要請に対し支援を実施しました。
▼ヤフー
SEMA事務局機能
令和元年8月九州北部豪雨に対する支援を実施しました。ヤフー
2018年
インドネシア地震・津波
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では13,221,855円を日本赤十字社へ寄付しました。インドネシアにおける地震および津波被害・緊急災害支援募金 寄付のご報告Yahoo!基金
Yahoo!ネット募金ではインドネシア地震・津波の緊急災害支援募金 特設ページを公開しました。
寄付総額:11,386,144円 寄付件数:35,886件(集計期間:2018年10月2日~12月31日)
インドネシア地震・津波の緊急災害支援募金ヤフー
平成30年北海道胆振東部地震
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!ニュースでは、被災した方や支援者への情報をまとめた特設ページを公開しました。ヤフー
Yahoo!基金からの義援金100万円とYahoo! JAPANからのマッチング寄付500万円をあわせて、201,179,481円を北海道災害義援金募集委員会へ寄付しました。平成30年北海道胆振東部地震 義援金寄付のご報告
平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金 最終寄付のご報告
Yahoo!基金
Yahoo!ネット募金では北海道胆振東部地震災害緊急支援募金 特設ページを公開しました。
寄付総額:194,244,722 円 寄付件数:320,244 件(集計期間:2018年9月6日~10月26日)
北海道胆振東部地震災害緊急支援募金ヤフー
ヤフー株式会社は、緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」の要請に対し支援を実施しました。
ヤフー:SEMA事務局機能
北海道胆振東部地震に対する支援を実施しました。ヤフー
大阪北部地震
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では皆様からのご寄付とYahoo! JAPANからのマッチング寄付500万円の総額、29,442,377円を義援金として大阪府(平成30年大阪北部地震義援金)へ寄付しました。平成30年大阪府北部を震源とする地震緊急支援募金 寄付のご報告Yahoo!基金
平成30年7月豪雨
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では皆様からのご寄付とYahoo! JAPANからのマッチング寄付3000万円、Yahoo!基金からの200万円とあわせて総額、576,316,164円を中央共同募金に寄付しました。
また、みなさまからご寄付いただいた災害復興みらい募金から10,000,000円を被災地で活動している団体に寄付しました。
平成30年7月豪雨緊急災害支援募金、第5回寄付と感謝状のご報告Yahoo!基金
Yahoo!ネット募金では7月豪雨災害緊急支援募金 特設ページを公開しました。また、2019年も引き続き現地で活動しているNPOの募金ページをまとめた特集ページも公開しています。
寄付総額:583,284,672円 寄付件数:805,106件(期間:2018年7月7日~2018年10月6日)
平成30年7月豪雨緊急災害支援募金ヤフー
ヤフー株式会社、アスクル株式会社は、緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」の要請に対し支援を実施しました。
▼ヤフー
SEMA事務局機能

▼アスクル
マスク:1250枚
防塵(ぼうじん)マスク:400枚
歯ブラシ:1200本
歯磨き粉:1080本
飲料水:2868本
  • アクエリアス500ml:2820本
  • ポカリスエットビーンスターク(乳幼児用 500ml):48本
トイレットペーパー:1500個
フマキラー ボウフラ退治(50g):6箱
バポナうじ殺しスティック(40g×4包):14箱
平成30年7月豪雨に対する支援を実施しました。ヤフー
アスクル
2017年度
平成29年7月九州北部大雨災害
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では総額64,279,753円を寄付をしました。
【内訳】中央共同募金会:59,279,753円、ジャパンプラットフォーム:5,000,000円
九州北部豪雨災害、秋田大雨災害支援募金の寄付報告Yahoo!基金
Yahoo!ネット募金では平成29年7月九州北部豪雨災害緊急支援募金 特設ページを公開しました。
寄付実績:66,295,572 円 寄付件数:142,486 件(集計期間:2017年7月6日~9月13日)
ヤフー
平成29年7月秋田大雨災害
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では総額4,504,300円を秋田県共同募金会へ寄付しました。また、1,000,000円を社会福祉法人秋田県共同募金会に寄付しました。Yahoo!基金
平成29年台風18号災害
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では総額9,976,662円を台風18号大分県災害義援金へ寄付しました。台風18号被害への義援金寄付のご報告Yahoo!基金
平成29年台風21号災害
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では1,000,000円を平成29年台風21号三重県災害義援金へ、1,000,000円を平成29年台風第21号災害義援金へ寄付しました。台風21号被害への義援金寄付のご報告Yahoo!基金
台湾東部地震
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では146,725,768円を台北駐日経済文化代表処へ寄付しました台湾東部地震緊急支援募金寄付のご報告Yahoo!基金
2016年度
熊本地震
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!ニュースでは、被災した方や支援者への情報をまとめた特設ページを公開しました。ヤフー
Yahoo!基金では、総額581,159,922円義援金や支援金として寄付しました。また、現地で支援活動をするNPOへ総額17,200,151円の助成も行いました。寄付には、Yahoo!ショッピング熊本地震復興支援やみんちゃりなどを通じた寄せられたものも含まれます。
寄付先:中央共同募金会、熊本県
熊本地震災害緊急支援募金のご報告ヤフー
間もなく熊本地震から1年。「Yahoo!ネット募金」等を通じた熊本地震復興支援関連の寄付総額は約7億7千万円に(2017年4月11日プレスリリース)プレスリリースヤフー
いつものお買いもので、誰でも簡単に熊本地震の被災地支援に参加できる 「Yahoo!ショッピング 熊本地震復興支援」を開始(2016年5月19日プレスリリース)プレスリリースヤフー
アスクルとヤフーが協力し、熊本地震の被災者を応援・支援する 「LOHACO 応援ギフト便」の取り組みを開始(2016年4月28日プレスリリース)プレスリリース
  • ヤフー
  • アスクル
熊本・大分地震「ふるさと納税緊急寄付金」まとめページを開設「さとふる」「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」の寄付ページへも誘導(2016年4月21日プレスリリース)プレスリリースヤフー
平成28年度台風10号
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では、Yahoo! JAPANからのマッチング寄付2,000,000円と合わせて総額20,636,170円を義援金として中央共同募金会に寄付しました。平成28年台風10号被害緊急支援募金の寄付報告2Yahoo!基金
イタリア中部地震
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では、Yahoo! JAPANからのマッチング寄付2,000,000円と合わせて総額9,871,841円をイタリア大使館へ寄付しました。イタリア中部地震支援募金の寄付報告Yahoo!基金
鳥取県中部地震
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では、Yahoo! JAPANからのマッチング寄付2,000,000円と合わせて総額14,906,163円を義援金、支援金として中央共同募金会へ寄付しました。
また、日本赤十字社鳥取県支部に義援金として1,000,000円を寄付しました。
Yahoo!基金
糸魚川市駅北大火大火災
施策関連リンク
実施企業
Yahoo!基金では、Yahoo! JAPANからのマッチング寄付2,000,000円と合わせて総額25,028,631円を義援金として糸魚川市災害義援金糸魚川市会計管理者へ寄付しました。
また、新潟県災害対策本部に義援金として1,000,000円を寄付しました。
Yahoo!基金

新型コロナウイルス感染症に対するZホールディングスグループの取り組み

Zホールディングスグループでは、新型コロナウイルス感染症拡大をうけ、信頼する情報を分かりやすく届ける取り組みや、寄付の受付など様々な取り組みを行っています。また、従業員の感染拡大防止のための取り組みも行っています。

Zホールディングス株式会社

2020年3月19日に実施した臨時株主総会では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため、アルコール消毒液の配置やマスクの配布や検温の実施、間隔をあけた座席配置を実施しました。

ヤフー株式会社

ユーザーの皆様に信頼できる情報を分かりやすく届ける取り組みや、Yahoo!ネット募金を通じた寄付の受け付け、休校にともなう家庭学習の支援など様々な取り組みを行っています。

Yahoo!基金

Yahoo!基金では、「新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援募金」の受付を開始しました。
また、国内で活動を行っている団体を対象に、新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援の助成を実施しています。

SEMA

ヤフー株式会社は、緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」の要請に対し支援を実施しました。
ヤフー:SEMA事務局機能

アスクル株式会社

アスクルでは、新型コロナウイルス感染拡大を受け、従業員のテレワーク導入や緊急事態宣言中の事業運営方針を発表するなど様々な取り組みを行っています。

株式会社ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行では、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響に鑑み、法人・個人事業主のお客さまへの資金サポートとして、ビジネスローンを新規契約のお客さまを対象に、契約月から2カ月後の月末までを無利息期間とし、利息分のキャッシュバックを期間限定で実施しています。(申込期間:2020年6月末まで)

PayPay株式会社

新型コロナウイルス感染拡大防止活動などを行っている各団体への支援を行っています。
スマホ決済サービス「PayPay」のアプリのデザインを変更できる支援アイテム(きせかえ)を販売し、売上金から消費税を差し引いた全額を各団体へと支援しています。

「Yahoo!ネット募金」に集まった募金額

「Yahoo!ネット募金」は、クレジットカードやTポイントを使って、NPO等の団体に簡単に寄付ができるサービスです。
国際協力、環境、福祉など、さまざまな分野で活動する団体に対して定常的に寄付を募る「募金」のほかに、災害発生後すばやく募金を始め、迅速な支援につなげる「緊急支援募金」があります。

2019年度の「Yahoo!ネット募金」の実績は以下のとおりです。

集計期間2019年4月1日~2020年3月31日
寄付総額7億8,643万5,086円
累計実績(2004年11月~2020年3月)60億1,600万572円

「Yahoo!基金」を通じた寄付実績

2019年度の「Yahoo!基金」を通じた寄付総額は2憶8690万4234円、助成総額は、497万1995円です。

2019年度の支援実績 一覧

緊急災害支援
支援プログラム 寄付先 寄付金額 寄付金額合計
令和元年8月の前線に伴う大雨による災害支援 佐賀県中央共同募金会 1,147万5750円 1,447万5750円
社会福祉法人中央共同募金会 300万0000円
令和元年台風第15号による千葉県災害支援 千葉県災害対策本部 2,912万6669円 2,914万6669円
特定非営利活動法人 ADRA Japan 2万0000円
令和元年台風第19号災害支援 社会福祉法人中央共同募金会 2億0974万9783円 2憶2974万9783円
特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク 300万0000円
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム 300万0000円
一般社団法人ピースボード災害支援センター 200万0000円
公益財団法人地域創生基金さなぶり 300万0000円
一般財団法人ふくしま100年基金 300万0000円
認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク 200万0000円
公益財団法人ちばのWA地域づくり基金 200万0000円
公益財団法人長野県みらい基金 200万0000円
学生ボランティア団体への寄付 UT-OAK震災救援団 50万0000円 310万0000円
大阪大学災害ボランティアサークルすずらん 50万0000円
岩手大学三陸復興サポート学生委員会 10万0000円
福島大学災害ボランティアセンター 50万0000円
東北大学スクラム 150万0000円
寄付金額総合計 2憶7647万2202円
インターネットやIT技術の利活用を通じた市民活動の支援
支援プログラム 寄付先 寄付金額
NICOにほんご×こどもプロジェクト支援 NPO法人青少年自立援助センターYSCグローバル・スクール 1,043万2032円
寄付金額総合計 1,043万2032円

2019年度の助成実績 一覧

助成プログラム 募金プログラム 助成先団体数 助成金額
夏休み「学生ボランティア」被災地復興活動支援助成 311復興支援 22団体 497万1995円
助成金額総合計 497万1995円
  • ※助成金の開示方法について:従来、助成決定年度で処理し、期末に未払金計上を行っていましたが、各年度の活動状況を適切に開示するため、当年度より団体への支出年度で開示することにしました。 当年度の助成決定金額:3,747万2825円

東日本大震災の風化防止への取り組み

2014年度より開始したYahoo!基金の「東日本大震災復興支援助成」は2020年度が最終年となります。
区切りとして活動報告ページ「震災を決して忘れない 復興に取り組む人を応援することで見えたこと」を公開しました。これまでの義援金寄付総額や東日本大震災助成金総額、助成先の団体インタビューなどを掲載しています。

Yahoo!基金 震災を決して忘れない 復興に取り組む人を応援することで見えたこと キャプチャ画像

公益活動団体×LODGEのコラボレーション企画

東京・紀尾井町オフィスにある、オープン・コラボレーションスペース「LODGE」。さまざまな社会課題の解決に取り組むNPOなどにイベントスペースを無償で提供し、ヤフーと共同で社会課題や地方創生などをテーマにしたワークショップやイベントなどを開催しています。
世間のカテゴリーでは「コワーキングスペース」と分類されると思いますが、LODGEは自らを「オープン・コラボレーションスペース」と規定しています。この名称には「出会い」「交流」「成長」「創造」「共創」といった概念が含まれます。ヤフーの社員や事業と、LODGEユーザーの皆さんや取り組んでいるプロジェクトが出会い交流していくことで、独力では超えられない知見や経験の壁を打破し成長すること、また協業や実験をへて新たなサービスやビジネスが生まれ、未来を変えていけることを、目指したいと考えています。

ヤフーのコワーキングスペースロッジの写真

非営利セクターとの積極的な連携

社会課題の最前線で奮闘する、NPOの代表や社会起業家が結成した「新公益連盟」に賛助会員として参画しています。定期的な情報交換に加え、コワーキングスペースLODGEでの共同イベントの開催など、セクターを超えた連携を推進し社会課題解決を推進していきます。

技術・開発イベントへの協賛

2019年度は、SeleniumConf Tokyo 2019、AI/SUM 2019、Developers Boost KANSAI、Developers Summit 2019 Summer、CloudNative Days Tokyo 2019 / OpenStack Days Tokyo 2019、JANOG44、 Developers Summit 2019 FUKUOKA、iOSDC Japan 2019、 Developers Summit 2019 KANSAI、 Product Manager Conference 2019、フロントエンドカンファレンス福岡 2019、Designship 2019、JSConf JP 2019、Developers Boost、Regional Scrum Gathering Tokyo 2020、 JANOG45、 SRE NEXT 2020、Developers Summit 2020、などのイベントをスポンサードしました。
また、ヤフーのエンジニア・デザイナーが社外で使用した資料は、Slideshareにまとめて公開しています。