サステナビリティ関連情報

基本方針、コーポレートガバナンス、コンプライアンスなど、企業としての義務と責任を果たすための取り組みを紹介しています。
各ページは編集方針に従い記載しています。

基本方針

Zホールディングスグループはステークホルダーの皆さまとの対話を続けながら、自身の社会的責任を果たし、社会・環境の持続的な発展を目指していきます。

詳細はこちら

Environment(環境)

環境基本方針

私たちZホールディングスおよびZホールディングスのグループ会社で構成されるZホールディングスグループは、情報技術の活用により、未来世代に向けた地球環境保全への取り組みを継続的に実践します。

詳細はこちら

脱炭素社会の実現

私たちは持続可能な社会の実現に向けて、気候変動問題への取り組みを推進するとともに、環境負荷低減の中期目標を設定し、その達成に向けサプライチェーンと共に取り組みます。

詳細はこちら

自然資本の保全

私たちは持続可能な社会の実現に向けて、事業による生態系への影響に配慮し、持続可能な調達、廃棄物対策および水資源・生物多様性の保全に努め、地球環境保全の取り組みを支援します。

詳細はこちら

法令遵守と国際的責任の遂行

私たちは持続可能な社会の実現に向けて、環境問題を重要視しリスク低減に努めます。国際環境イニシアチブに賛同し、国際社会と協調して気候変動対策に取り組みます。

詳細はこちら

サービスを通じた 社会との連携

Zホールディングスグループは、気候変動にともなって激甚化・頻発化していく自然災害に対し、自治体や関係団体と連携をしながら自社サービスを通じて防災・減災に努め、災害後の復興支援にも力を入れて取り組みます。また、持続可能な社会の実現に向け、循環型サービスを拡充しています。

詳細はこちら

未来を創る 教育・啓発活動

Zホールディングスグループは、環境領域における教育の重要性を理解し、社内外に向けて継続的に啓発活動を続けていきます。

詳細はこちら

Social(社会)

従業員との約束

Zホールディングスグループでは、従業員がどのようなライフステージでも持続的に変化・成長し続けられるよう、さまざまな制度の導入や取り組みを行っています。社内のコミュニケーション促進として用途に応じた誰でも発信可能な社内イントラネットや社内SNSツールの整備を行っています。

詳細はこちら

ダイバーシティ

Zホールディングスグループでは、従業員一人ひとりが、ライフステージや属性等の違いにかかわらず、最大のパフォーマンスを発揮できる環境づくりに取り組んでいます。

詳細はこちら

人財開発と研修・育成

Zホールディングスグループでは、従業員がどのようなライフステージでもいきいきと働いていけるよう、研修や制度の導入などさまざまな取り組みを行っています。また、オンライン化を図り、従業員が必要とする時に学べる環境整備を整えています。

詳細はこちら

サービス品質の向上

Zホールディングスグループでは、お客さまから寄せられた疑問点を反映させて随時更新するヘルプページ設置や、メールやチャットによるサポート、不正行為のチェックやサイト監視など、さまざまな取り組みを行っています。これからもお客さまへのサポートのサービス向上や体制の充実に取り組み、お客さま満足度の一層の向上を目指してまいります。

詳細はこちら

研究開発

Zホールディングスグループでは、情報技術社会の発展へ貢献するために、研究開発や、OSS(オープンソースソフトウエア)の開発などオープンイノベーションの推進を行っています。

詳細はこちら

知的財産

Zホールディングスのヤフーは、オープンイノベーションの考えが浸透しているインターネット業界のプラットフォーマーとして、お客様にサービスを長くご利用いただき、またビジネスパートナーの皆様にも安心して連携・協業いただくための「安心・安全の証」として活用すべく、多数の知的財産権を取得しております。 また、情報技術社会の発展へ貢献するため、社内で開発したOSS(オープンソースソフトウェア)の公開に伴い関連する特許を開放するなど、オープンイノベーションを推進しています。

詳細はこちら

コミュニティー投資

Zホールディングスグループの重点課題として掲げている「災害対策支援」「DX推進」「地域社会との関わり」「未来世代への支援」を中心に、地域や社会の課題を解決するため、地域コミュニティー、行政、大学、NGO・NPOなど多様なステークホルダーの方々と連携、協力を図り豊かな社会の実現に向けた取り組みを推進していきます。

詳細はこちら

各種受賞歴

Zホールディングスグループがこれまで受賞した主な賞などを紹介します。

詳細はこちら

防災減災・災害支援への取り組み、寄付・協賛の実績

Zホールディングスグループは避難情報や緊急地震速報といった災害情報の発信、復興支援、防災減災への取り組みに力を入れています。また、情報技術社会の発展や社会課題解決に向けた取り組みなどに対して寄付や協賛を実施しています。

詳細はこちら

Governance(ガバナンス)

コーポレートガバナンス

社会から信頼される企業であり続けるためには、コーポレートガバナンスの充実が不可欠です。内部統制の確立、監査機能の充実、業務プロセスの改善などを積極的に行い、コーポレートガバナンスの強化に取り組んでいます。

詳細はこちら

リスクマネジメント

Zホールディングスグループでは、ERM活動、リスクインテリジェンス活動、グループ全体におけるインシデントの発生の把握および、リスクマネジメント意識の向上を柱に、リスクマネジメント活動を行い、リスクの低減に努めています。リスクマネジメントに関する規程を定め、規程に基づき、グループ各社におけるERM活動を推進するとともに、リスクマネジメント委員会や各種分科会における活動を実施しています。

詳細はこちら

コンプライアンス

Zホールディングスグループでは、法律、商慣行、社会倫理などのルールを守って企業活動を行うために企業行動憲章を定め、行動の指針となる行動規範を策定しています。その実現のため、 Zホールディングスグループの役職員における本規範の浸透を図り、コンプライアンス体制の充実、コンプライアンスマインドの向上に取り組んでいます。

詳細はこちら

責任ある事業運営

Zホールディングスグループでは、贈収賄等の腐敗行為を防止する取り組みや、マネー・ローンダリングを防止するための取り組みも積極的に行っています。

詳細はこちら

内部統制の強化

会社法に定める「業務の適正を確保するための体制」を取締役会にて決議し、本内部統制システムを「内部統制基本方針」として定め、又、金商法の求める「内部統制報告制度」に則した評価「SOX評価」を実施しています。この役割の担当部署として、Co-CEO直属の内部監査部を設置し、監査等委員、会計監査人との情報共有・連携を図り、実効的・効率的な内部統制を強化しています。

詳細はこちら

プライバシー・セキュリティ

安心して安全に利用できるサービスをお客さまに提供し続けるため、全社を挙げて中長期的な視点で情報セキュリティに取り組んでいます。

詳細はこちら