(百万円)
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
2021年
3月期
売上収益 853,730897,185954,7141,052,9431,205,846

(百万円)
2020年3月期 2021年3月期
コマース事業 715,386 840,252
メディア事業 336,003 340,635
その他 8,004 32,410
調整額 -6,450 -7,451

(百万円)
2020年3月期 2021年3月期
調整後EBITDA 248,107 294,837
(百万円)
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
2021年
3月期
営業利益 192,049185,810140,528152,276162,125
(百万円)
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
2021年
3月期
税引前利益 193,475193,177123,370135,676142,615
(百万円)
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
2021年
3月期
親会社の所有者に帰属する当期利益 136,589131,15378,67781,67570,145
(%)
2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
親会社の所有者に帰属する当期利益率 15.413.58.610.34.1
(百万円)
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
2021年
3月期
資産合計 1,534,2122,516,6332,429,6013,933,9106,696,680
(百万円)
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
2021年
3月期
親会社の所有者に帰属する持分 930,8201,013,368818,291771,5482,682,318

(円)
2020年3月期 2021年3月期
調整後EPS 18.66 18.27
  • 調整額は、セグメント間取引および報告セグメントに帰属しない全社費用です。
  • 2017年度第1四半期において、アスクル(株)の物流センター火災による保険金受取額49億円を「コマース事業」その他収益及び費用に計上しています。
  • 2017年度第3四半期において、アスクル(株)の有形固定資産売却益35億円を「コマース事業」その他収益及び費用に計上しています。
  • 2017年度第4四半期において、アスクル(株)の物流センター火災に伴う債務免除益17億円を「コマース事業」その他収益及び費用に計上しています。
  • 2018年2月1日に(株)ジャパンネット銀行を連結子会社化しました。
  • 2018年度第1四半期より、一部サービスの報告セグメントを変更しています。主な変更は、(株)GYAOおよび映像関連サービス等のコマース事業からメディア事業への移管です。過去のデータについては現在のセグメントに合わせて遡及修正しています。
  • 2018年度第1四半期より、会計方針の変更に伴い従来売上原価等に計上していた決済手数料の一部を売上収益から差し引いています。過去のデータ及び比較については遡及修正していません。
  • 2018年度第1四半期において、(株)IDCフロンティアの株式売却益79億円を「その他」その他収益及び費用に計上しています。
  • 2018年度第4四半期において、アスクル(株)の物流センターであるAVC日高の有形及び無形資産に係る減損損失36億円を「コマース事業」その他収益及び費用に計上しています。
  • 2018年度第4四半期において、シナジーマーケティング(株)の無形資産に係る減損損失23億円を「メディア事業」その他収益及び費用に計上しています。
  • 2019年度第1四半期において、PayPay(株)の持分変動利益108億円がその他の営業外収益及び費用に計上されています。
  • 2019年11月13日に(株)ZOZOを連結子会社化しました。2019年11月より(株)ZOZOの業績を連結しています。
  • 2020年度第1四半期より、一部のサービスおよび子会社をセグメント間で移管しています。主な変更は、子会社である(株)カービューを含む自動車関連サービスの「コマース事業」から「メディア事業」への移管です。過去のデータおよび比較については現在のセグメントに合わせて遡及修正しています。
  • 2020年度第3四半期よりデジタルコンテンツ事業はメディア事業に移管しています。過去のデータおよび比較については現在のセグメントに合わせて遡及修正しています。
  • 2020年度第3四半期に、主にクレジットカード事業の既存システム刷新に伴う除却損等をその他収益及び費用に計上しています。
  • 2021年3月1日にLINE(株)を連結子会社化したため、2021年3月よりLINE(株)の業績をその他セグメントにて連結しています。
  • 2020年度第4四半期に、主にクレジットカード事業を営む子会社が所有する一部事業所について、セール・アンド・リースバック取引を実施したことに伴う固定資産売却益をその他収益及び費用に計上しています。
  • 2020年度第4四半期に、主にLINE(株)との統合に伴い、使用権資産に係る減損損失106億円をその他収益及び費用に計上しています。