INTEGRATED REPORT PORTAL

更新日:2021/12/06

特集:LINE事業

2021年3月1日、LINE社との経営統合により、Zホールディングスグループは、国内最大規模のインターネット企業グループとなりました。経営統合したLINE社の事業の概要や特長についてご紹介します。

LINE の概要

CLOSING THE DISTANCE
私たちのミッションは、世界中の人と人、
人と情報・サービスとの距離を縮めることです。

LINEは、2011年3月11日に日本で発生した震災をきっかけに、モバイルメッセンジャーとして生まれました。家族や友人・恋人など、身近な大切な人との関係性を深め、絆を強くするコミュニケーション手段こそが日本のみならず、世界中で求められていると考え、2011年6月にサービスを開始しました。

いまや、LINEは日本を始め、力強い成長を続けるアジア地域を中心に、世界で数億人に利用されるモバイルメッセンジャーへと成長を続けています。私たちは、単に世界共通に画一化されたグローバルサービスではなく、各国毎の多種多様な文化・慣習を尊重し、「サービスをカルチャライズ(文化化)」していくことこそがその国で、その土地で、サービスを真に根付かせ、 成長させていくために大切なことだと強く信じています。

これから、モバイルメッセンジャーとして誕生したLINEは、モバイル上のユーザーニーズを統合的に解決していく、スマートポータルへと進化していきます。人や情報/コンテンツ、オンライン/オフラインサービスなどあらゆるものとユーザーがいつでも、どこでも、最適な距離でシームレスに繋がっていく、LINEを入り口として生活の全てが完結する世界の実現を目指していきます。

image01

事業の変遷

LINEは、24時間365日生活のすべてを支えるライフプラットフォームへと
進化を続けてきました。

人と人を近づけるメッセンジャーアプリとしてスタートしたLINEは、次第にサービスの幅を広げ、人 ・情報・サービス等あらゆるものをつなぐスマートポータルとして、ユーザーの生活をより便利にしてきました。当初はスタンプやゲームといったコンテンツ事業が売上収益の柱でしたが、現在は、主要4ヵ国で1億7,300万人のユーザーをベースとする広告事業が事業の柱となっています。今後は、決済・銀行・証券・ローンなどの金融事業の拡大を目指していきます。

image01

成長戦略

スマートポータル = スーパーアプリ構想の実現

LINEでは、「LINE」を入り口として、オンライン・オフライン問わず、必要とする人や情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がり、全てが完結する「スマートポータル」の実現を目指しています。

image01

グローバル展開

主要4ヵ国で1億7,300万のユーザーに使われるLINEのフィールドは
グローバルに拡大し続けています。

image01