データガバナンス指針

Zホールディングス は、ヤフー株式会社をはじめとするグループ各社におけるプライバシー保護とデータ活用の基本方針を明確にするため、「データガバナンス指針」を定めました。

データや人工知能(AI)の活用が社会に加速度的な成長をもたらす一方で、過度な監視や情報の偏りなども社会的な問題になりつつあります。これは、「データの会社」になることを掲げるZホールディングスグループにとっても大きな課題です。

新たな体制のもとデータの力を最大限解き放つために、Zホールディングスグループでは
以下に掲げる事項を重視し、この課題の解決に取り組みます。

セキュリティとプライバシー保護

セキュリティとプライバシーの保護がデータ活用の最優先事項と定義し、必要なルールと体制を設け、継続的な運用と改善を行います。

透明性と選択権

お客様のデータをどのように扱うのか情報を開示し、お客様ご自身が、ご自身のデータの使われ方を管理・設定できるよう努めます。

データによる課題解決

お客様のデータを活用させていただくことでより便利なサービスを提供し、お客様ひとりひとりに「!(びっくり)」な体験をお届けするとともに、さまざまな社会課題を解決するよう努めます。